修理依頼方法!モンベル トレッキングアンブレラL 修理依頼~完了までの流れをご紹介

モンベル トレッキングアンブレラL 故障箇所

おはようございます。ささきどりです。

梅雨に入りそうな時期になってきましたね。

傘を開く機会が多いとお気に入りの傘の消耗も激しくなってくるものです。

というわけで!私のお気に入りの傘、mont-bell トレッキングアンブレラLについて、修理に出した経験を共有したいと思います。

ちなみに、サンブロックアンブレラ含む、トレッキングアンブレラシリーズすべて同じ流れで修理に出すことができます。

今回破損部分以外でも基本的な流れについては同じだと思われます。

参考になれば幸いです。

(ちなみに、トレッキングアンブレラの日傘版であるサンブロックアンブレラも修理依頼の流れは同じです。

今回の故障箇所

このような形でプラスチック部分が破損してしまいました。

ちなみに今回の修理箇所については、無料で交換可能とのことでした。

モンベル トレッキングアンブレラL 故障箇所

修理の流れ

修理依頼から、修理品の到着までの流れは下記のとおりです。

  1. ウェブサイトで問い合わせ
  2. モンベル カスタマーサービスから返信
  3. 修理窓口へ持ち込みor直送での依頼~受け取り

詳細は下記のとおりです。

1.ウェブサイトで問い合わせ

モンベル カスタマーサービスお問い合わせフォームから行います。

■問い合わせフォームURL

https://www.montbell.jp/contact/individual/?contact_id=12

特に難しい入力はありません。

  • お問い合わせ内容
    • 項目:修理を選択
    • お問い合わせ内容:どのような事象が発生しているか。私の場合は、下記のポイントを記載しました。
      • 購入した製品名
      • どの部分が破損したか
      • 購入からどのくらい経過したものか(これはあくまで参考情報として載せました。)
      • 故障部品の購入が可能か。修理のみ対応か。(修理可能であるのはわかっているため、みなさまは不要かもしれません。)
  • 連絡先
    • 氏名
    • ふりがな
    • お客様番号:モンベルクラブ会員の場合入力します。会員ではない場合必須項目ではないので未入力でOKです。
    • Eメール
    • TEL

2.モンベル カスタマーサービスから返信

翌日、カスタマーサービスから下記の連絡がありました。

  • ボタン部分の破損について無償での修理対応を行っている。
  • 修理窓口まで持ち込み依頼
  • 今回の破損個所の修理は何度でも無償対応可能。

対応としては以上です。

3.修理窓口へ持ち込みor直送での依頼~受け取り

今回、私は直営店へ持ち込みを行いました。

住所や連絡先等の情報を記載、故障した傘を手渡しし、依頼完了です。

修理依頼から受け取りまでかかる期間は1週間程度です。

修理品到着後は電話にご連絡をいただけるため、依頼した店舗へピックアップしに行きます。

まとめ

修理について、とても親切に対応いただけました。

また、今回の故障箇所について何度も修理可能ということで、1つの製品を長く使用できるという点でも感動しました。

修理依頼をする際、修理完了までどのような流れになるのかイマイチわからなかったため、同じ事象が発生した方の参考になりますと幸いです。

修理の手続きが億劫で、相当高価なものを除き、壊れたら買い替えるを繰り返していた私ですが、環境への配慮という意味でも修理可能なものは修理して長く使用するということを心がけていきたいと思います。

対応の流れがわかりにくく億劫になっている方の一助となれるよう、今後も修理を依頼した際には参考情報をご紹介していきたいと思います!

傘を鞄に入れっぱなしにしよう!軽量折り畳み傘 トレッキングアンブレラのご紹介

本日の独り言
本日の独り言

実は昨日、同一の破損が発生し、これから上記手順で問い合わせ予定です。自分自身の備忘録としても使えてお得な記事になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA